生命保険料の引き上げ – 税理士の独り言 – 税務と経営のパートナー《ビズ8研究所》大内弘一税理士事務所

マイナス金利政策の影響で各保険会社の運用が厳しくなり、4月以降、生命保険料について10~20%の値上げが予定されています。
積立型の商品の一部はすでに販売停止になっており、今後も販売停止対象商品は増えると思われます。

生命保険会社は、一言で言えば、顧客から預かった保険料を予定利率(契約者と約束した利率)で運用し、その運用益を保険金、解約返戻金、満期返戻金に充当しています。

この予定利率は、国が決める標準利率が目安になっていて、現在1.0%ですが、2017年4月以降、0.25%になることが決定しています。そのため、各生命保険会社は保険料を引き上げ、貯蓄性の高い商品については販売停止せざるを得なくなる訳です。
2016年4月には、金融庁が定めた標準利率が1.0%に下がったため、予定利率2.0%を維持することが難しくなり、大手生命保険会社が円建て一時払い終身保険の販売を休止する、あるいは一時払い終身の販売を停止しています。また、一時払い定額個人年金の販売を停止した保険会社もありました。
今年3月中には、各生命保険会社の方針が決定すると考えられますが、保険料率アップ、または販売停止商品が増えることは間違いなさそうです。
生命保険の見直し、新規契約を検討されている方は、早めに相談いただきたいと思います。

40社の保険会社と提携し、全国230店舗の窓口で無料相談をおこなっている保険料の比較サイトを紹介させていただきます。是非参考にしてください。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です